怖い!?二日酔いは肝臓にかなりの負担をかける?

二日酔いというのは「頭が痛い、吐き気がする」などといった不快な症状がつらい、という点ばかりが注目されがちですが、実は二日酔いというのは、肝臓にもとんでもない負担をかけているのをご存知でしょうか?

■二日酔い=肝臓のアルコール処理の限界を超えた飲酒

肝臓23
二日酔いがなぜ肝臓に大きな負担をかけるのかというと、「二日酔いになるということは、肝臓がひと晩で分解できるアルコール量を超えてしまっている」ということだからです。

ひと言で言えば「飲みすぎ」ってことですね。

体内に入ったアルコールは、肝臓がせっせと、それこそ寝ている間も休まず分解作業を頑張ってくれるのですが、寝ている間というのは、脳をはじめとした多くの機能がお休み状態になっているため、肝臓は孤軍奮闘で頑張るものの、どうしても起きている時よりはアルコール分解のペースが落ちてしまいます。

そして、飲みすぎてしまっている場合、朝までにアルコール分解が間に合わず、アセトアルデヒドという有害物質が体内にまだ残った状態になってしまうのです。

このアセトアルデヒドによる害によって、二日酔いの不快症状が出てしまうんですよ。

そして、朝までアルコール分解が間に合わない」という事態は、他の害ももたらします。肝臓はアルコールだけでなく脂肪や糖分の代謝もおこなうのですが、アルコール分解がきちんとなされないと、脂肪や糖分の代謝をする働きがおろそかになってしまい、脂肪肝などの問題も引き起こしやすくなるのです。

つまり、二日酔いは、肝臓をとことん疲労させ、さらに肝臓の病気まで招きかねない、恐ろしいものだということですね。
肝臓サプリ

■二日酔いを防ぐコツ

二日酔いを防ぐコツとしては、以下のようなものが挙げられます。

〇「すきっ腹にアルコール」はNG。つき出しを先に食べるか、飲み会の直前にコンビニで売っているチーズをひとつ食べておくなど、何か胃に入れてから飲む。
〇飲酒前に、肝臓をサポートするサプリメントを摂取する。
〇2種類以上のお酒を飲む、いわゆる「ちゃんぽん行為」はしない。
〇酢牡蠣などの貝類や、枝豆・豆腐などの大豆食品など、肝臓をサポートするおつまみを食べる。
〇飲酒後は、夜間の発汗による脱水症状を起こさないために、たっぷりと水分補給をしておく。

私の一番のおすすめはレバリズム

レバリズム

接待での飲みすぎ、飲み会続きの肝臓におすすめのレバリズム
翌日の二日酔いも全然しんどくなりません。

私も接待でよく飲まされました。
レバリズムを飲んでいなかった時は、翌日はお昼ごろまでずっとしんどい状態が続いていました。

でも、レバリズムを飲み始めてからは翌日の朝もスッキリ起きれて仕事にも集中することができました!!

レバリズムの体験談はこちら

<% module(当サイトの人気肝臓サプリ3選) %>

肝臓24

↓↓↓人気の肝臓サプリをチェック↓↓↓

肝臓サプリ

<% module(SNS) %>
<% module(レビューテーブル) %>
<% module(情報テーブル) %>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です