【食べるサプリ】肝臓に良い!おつまみランキングをご紹介!

飲み会の時は「肝臓をいたわるために飲みすぎない」ということも大切ですが、それだけではなく「肝臓のために良いおつまみを食べる」という点を意識することも大切です。

おつまみで肝臓を守ることができれば、お酒によるダメージも減らせますからね。
というわけでここでは、肝臓に良いおつまみのランキングをご紹介しましょう!
肝臓サプリ

■肝臓に良いおつまみランキング

肝臓に良いおつまみランキングは、以下のとおりです。

1位:酢牡蠣・焼き牡蠣・牡蠣鍋
2位:冷奴・湯豆腐・枝豆
3位:ほうれん草または小松菜のゴマあえ

まず、1位の各種牡蠣料理については、肝臓を守ってくれるタウリンと、肝機能活性化に役立つグリコーゲンが豊富なのでオススメです。

ところで、なぜカキフライがオススメに含まれていないのかというと、揚げ物なので油分が多すぎるからです。「カキフライも栄養面を考えれば他のフライ料理よりはマシだけれど、同じ牡蠣を食べるなら、揚げないタイプの牡蠣料理を選んだほうがいい」ということですね。

肝臓にいい貝と言えば、他にもしじみやあさりなどが有名ですが、こちらは「味噌汁やお吸い物に入れる」というのが理想的な食材。おつまみとして考えると、ちょっと難しい面がありますね。

たとえば、しじみのつくだ煮は塩分過多になるリスクが高いですし、あさりの酒蒸しも「栄養豊富なエキスはほとんど皿に残る汁に流れてしまい、しかもその汁を飲み干すと塩分摂取が多くなる」というリスクがあるため、なかなか難しいのです。

2位の冷奴・湯豆腐・枝豆は、「良質なたんぱく質食品であり、さらに他の栄養も豊富な大豆が摂れる」という意味でおすすめです。枝豆は「未成熟な大豆」ですから、これも大豆食品としてカウントできるんですよ。

冷奴にかけるしょうゆは、できるだけ控えめにしておきましょう。もし、ポン酢をかけることを選べるなら、そちらのほうがオススメです。

3位のほうれん草または小松菜のゴマあえは、「緑黄色野菜が摂れる」というだけでなく、ゴマに豊富に含まれるビタミンB1・B2が摂取できる、という点もオススメポイントです。ビタミンB1は肝臓のグリコーゲンを増やす作用が、B2は脂肪肝を予防する作用が期待できますよ。

<% ranking(飲んでみて良かった肝臓サプリランキング) %>

肝臓22

↓↓↓人気の肝臓サプリをチェック↓↓↓

肝臓サプリ

私の一番のおすすめはレバリズム

レバリズム

接待での飲みすぎ、飲み会続きの肝臓におすすめのレバリズム
翌日の二日酔いも全然しんどくなりません。

私も接待でよく飲まされました。
レバリズムを飲んでいなかった時は、翌日はお昼ごろまでずっとしんどい状態が続いていました。

でも、レバリズムを飲み始めてからは翌日の朝もスッキリ起きれて仕事にも集中することができました!!

レバリズムの体験談はこちら

<% module(当サイトの人気肝臓サプリ3選) %>

<% module(SNS) %>
<% module(レビューテーブル) %>
<% module(情報テーブル) %>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です