【肝臓の為に!】知って得する一日に飲んでいいお酒の目安は?

肝臓をいたわるためのアルコール対策は「とにかく、週2日程度の休肝日を守ればいい」というだけのものではありません。

「一日あたりの適量」を守ることも大切な要素となってきます。
肝臓サプリ

■一日に飲んでいい、お酒の「適量」の目安はこれだ!

では、具体的に、一日に飲んでいいお酒の「適量」とはどのくらいなのかというと、代表的なアルコール飲料を例にする
肝臓17
ビール:中ビン一本または中ジョッキ1杯
日本酒:1合
ワイン:グラス2杯
ウイスキー:シングル二杯またはダブル1杯
焼酎お湯割り:0.6合
サワー・チューハイ・カクテル類:1~2杯・または缶を1~2本

ちなみに、最後に挙げたサワー・チューハイ・カクテル類は、居酒屋やバーなら店によって濃度がかなり異なりますし、缶飲料などにおいても、アルコール度数にかなりの幅があります。

「まるでジュースのような飲み口」「缶などにアルコール3%と書いてある」というものなら2杯・2本までOKですが、アルコールの味を強めに感じるものや、アルコール度数が5%超えとなっている缶飲料の場合は、1杯・1本までにとどめておくようにしたいものです。

■適量は体重によって違う!?

肝臓18
さて、先ほど「一日に飲んでいいお酒の適量の例」をいくつか挙げましたが、実は、この適量というのは、基本的に「体重60キロ前後の人」を前提としています。

たとえば女性の場合、体重が60キロ以下どころか、50キロを切る人も多いですが、この場合は、先に挙げた適量よりも多少控えめのアルコール摂取にとどめるよう心がけましょう。

逆に、「体重の多い人であれば、もう少し増やしてもOK」と思えてしまいますが、体重が重すぎるというのは、それはそれで「脂っこいものの食べすぎ」など何らかの形で肝臓に負担をかけているケースが多いので、たとえ体重が60キロを大幅に上回っていたとしても、この適量を超えて飲むことはオススメできません。

■高齢者・すぐ顔が赤くなる人も控えめに!

65歳以上の高齢者や、ちょっとお酒を飲むとすぐに顔が赤くなる人も、先に挙げた適量よりもお酒の量は控えめにしたいものです。

高齢者は肝臓の機能が老化によって衰えていますし、すぐ顔が赤くなる人も「肝臓のアルコール代謝力が人より弱め」ということが考えられますからね。

私の一番のおすすめはレバリズム

レバリズム

接待での飲みすぎ、飲み会続きの肝臓におすすめのレバリズム
翌日の二日酔いも全然しんどくなりません。

私も接待でよく飲まされました。
レバリズムを飲んでいなかった時は、翌日はお昼ごろまでずっとしんどい状態が続いていました。

でも、レバリズムを飲み始めてからは翌日の朝もスッキリ起きれて仕事にも集中することができました!!

レバリズムの体験談はこちら

<% module(当サイトの人気肝臓サプリ3選) %>

肝臓19

↓↓↓人気の肝臓サプリをチェック↓↓↓

肝臓サプリ


<% module(SNS) %>
<% module(レビューテーブル) %>
<% module(情報テーブル) %>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です