知っていて損しない※脂肪肝にならない為の心得まとめ


脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪がたっぷりとついて、肝臓そのものの機能が落ちてしまうというやっかいな病気。

そんな脂肪肝になってしまわないための、心得をまとめてみました!

脂肪肝にならないための心得は、下記の4つとなります。

1.規則正しく、バランスのいい食生活を心がける。
2.睡眠はしっかりと摂る。
3.日常生活に少しでも運動を心がける。
4.アルコール摂取は適量にし、週2日以上の休肝日をもうける。

■それぞれの心得についてのポイント

では、脂肪肝にならないための心得として挙げた4つの、それぞれのポイントをご説明しましょう。

まず、食生活については「栄養バランスを考えて、油ものや甘いものを過剰に食べたりしない」というのが大切なのはもちろんのこと、「1日3食きちんと食べ、しかも毎日の食事時間をなるべく同じ時間にする」ということも大切です。

朝食抜きの食生活は「朝のエネルギー補給がないと、肝臓がグリコーゲンをブドウ糖に分解するため、肝臓にいきなり重労働を強いることになる」という状態になってしまいますし、毎日食事の時間がバラバラだと、体内時計も乱れによる消化メカニズムの狂いが生じ、「摂取カロリーを使いきれないことによる中性脂肪の蓄積」を招いてしまうのです。

2の睡眠については、肝細胞の再生・修復に欠かせないプロセスです。きちんと寝ないと、細胞の新陳代謝がうまく行われませんよ。

3の運動については、働いている人だとしっかりした運動の時間をとるのは難しいかもしれませんが、「通勤時の歩行の歩幅を大きく、歩くペースを少し早くする」「入浴前にラジオ体操をする」など、ちょっとした工夫をするだけでも違ってきますよ。

4については言うまでもありませんね。過剰なアルコール摂取は、脂肪肝だけでなくアルコール性肝炎や肝硬変にもつながりかねない危険な行為ですから、「休肝日以外の日であっても、ビール1本だけしか飲まない」など、できる限り適量を守りましょう。

飲むことをどうしても断れないような飲み会があって多少飲みすぎてしまった場合は、それに合わせて休肝日も増やすのがオススメです。

私の一番のおすすめはレバリズム

レバリズム

接待での飲みすぎ、飲み会続きの肝臓におすすめのレバリズム
翌日の二日酔いも全然しんどくなりません。

私も接待でよく飲まされました。
レバリズムを飲んでいなかった時は、翌日はお昼ごろまでずっとしんどい状態が続いていました。

でも、レバリズムを飲み始めてからは翌日の朝もスッキリ起きれて仕事にも集中することができました!!

レバリズムの体験談はこちら

<% module(当サイトの人気肝臓サプリ3選) %>

⇒肝臓サプリランキングもチェック

↓↓↓人気の肝臓サプリをチェック↓↓↓

肝臓サプリ

<% module(SNS) %>
<% module(レビューテーブル) %>
<% module(情報テーブル) %>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です