肝硬変の怖さと、様々な予防方法を知っておきましょう!

肝硬変とはいったい何でしょうか?その正体と怖さ、そして原因と予防法について知っておきましょう。
肝臓10

■肝硬変とは?

肝硬変とは、その名のとおり「肝臓が硬くなって機能しなくなってしまう病気」です。

何らかの理由で肝臓の細胞の破壊ダメージが大きくなり、肝細胞の再生機能がその修復をしきれない状態が続くと、肝臓にはゴツゴツとしたこぶだらけの、血液循環がうまくいかない硬い部分ができてしまい、さらにそれがどんどん広がっていくのです。

初期のうちは、硬くなっている部分が一部分だけなので自覚症状もないのですが、硬くなる部分が広がれば、やがて倦怠感や食欲不振などの症状が出てきて、さらに進行すると、黄疸や腹水などといった深刻な症状も出てしまうのです。

そして、肝硬変の一番恐ろしいところは、「肝臓移植でもしない限り、現代医学では治す手立てがない」というところです。今の医学では、肝硬変の進行をできるだけ遅くする、ということぐらいしかできないのです。

それほど恐ろしい肝硬変だからこそ、予防が何よりも大切なのです。
肝臓サプリ

■肝硬変の原因

肝臓2
「肝硬変の原因は、お酒の飲みすぎ」と思っている人は少なくありません。だからこそ、「肝硬変の予防って、飲みすぎに気をつければそれでいいのでは?」なんて簡単に考えてしまいそうですよね。

しかし、肝硬変の原因は飲酒だけではありません。食生活の乱れやストレス・睡眠不足・運動不足・喫煙などのさまざまな生活習慣の問題や、「肝炎ウイルスによる肝硬変」というものもあります。

■肝硬変の予防法

肝臓11
では、肝硬変はどうやって予防すればいいのかというと、まず、生活習慣を見直すことが最大のポイントとなりますね。特に、食生活が影響を与える部分は大きいですから、栄養バランスがよく、ビタミン・ミネラル豊富な食事を規則正しく食べるように心がけましょう。

特に、抗酸化作用で肝臓を活性酸素から守りながら、血流を促進して肝細胞の再生をサポートしてくれるビタミンEや、脂質を代謝し、さらに肝細胞再生に役立つビタミンB群は重視したいビタミンです。また、アルコール代謝のためには、オルニチンなどのアミノ酸もほしいところですね。

こうして、食生活の見直しを第一に考えつつ、ストレス解消・最低6時間以上の睡眠時間の確保・適度な運動・禁煙を心がけ、生活習慣を整えていきましょう。

また、家族・親族に肝炎ウイルスのキャリアがいる人は、血液検査を受けて、自分が肝炎ウイルスを持っていないかどうかを知っておくことも大切です。

私の一番のおすすめはレバリズム

レバリズム

接待での飲みすぎ、飲み会続きの肝臓におすすめのレバリズム
翌日の二日酔いも全然しんどくなりません。

私も接待でよく飲まされました。
レバリズムを飲んでいなかった時は、翌日はお昼ごろまでずっとしんどい状態が続いていました。

でも、レバリズムを飲み始めてからは翌日の朝もスッキリ起きれて仕事にも集中することができました!!

レバリズムの体験談はこちら

<% module(当サイトの人気肝臓サプリ3選) %>

↓↓↓人気の肝臓サプリをチェック↓↓↓

肝臓サプリ


<% module(SNS) %>
<% module(レビューテーブル) %>
<% module(情報テーブル) %>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です